就活の基礎の基礎を詳しくお伝えしています

就活の基礎の基礎

就職基礎

応募書類は手書きか、それともパソコンか?

投稿日:2018年9月18日 更新日:

ずばり、ケースバイケースです。

「何だよ。それ!」って声が聞こえてきそうですね。

IT系、求人内容にパソコンスキルを求められている会社、
ここ数年できた若い会社などはパソコン作成をお勧めします。

それ以外の会社は、「手書き」というわけではありません。

字が下手でコンプレックスなら。。。
時間との兼ね合いで。。。

そんな消極的な理由で手書きを選ぶ人も多いでしょう。

私は人事採用も何回かしてきましたが、
パソコンで作成されようが、手書きで書かれようが
そこに採否は関係ありませんでした。

手書きにきれいな字は求めませんでしたが、
殴り書きや、行線にまたがって書かれている方は
今まで面接をしても、人に対して配慮がない方でしたので、
選考から外させて頂きました。
だって人に読んでもらう気持ちがあれば、丁寧に書くと思うのです。

パソコン作成だって、(男・女)の○をうまく囲めているかとか、
あらがないかはチェックします。
よくパソコンで書かれているほうが手をかけていないと言いますが、
自分の思いをきちんと伝えている書類なら、問題ないでしょう。

まとめると。。。

「作成方法は問わず、読む相手を思いやっているか?」
「自分の思いや、自分を雇うメリットを十分伝わる内容か?」

ここさえしっかりしていればどちらでも問題ないと私は思います。

パソコンだから落とす、パソコンだから受け取らない。
そんな事だけに捕らわれている会社なら、先はないと思います。
ただ地方には、そんな会社が多いのも実情。

何が正解かはありませんが、
「読んでくれる人の立場を考える。」
そうすると履歴書だけでなく、封筒の書き方や送付状、
いつまでに書類を出すのか、面接日時決定の電話の受け方も
変わってくるかと思います。

-就職基礎

Copyright© 就活の基礎の基礎 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.